おむつかぶれしない方法

こんにちは!
更新の間が空いてしまいました。
前回の更新から今日までの間に
第二子となる女の子を出産いたしました。
切迫早産で入院したり、出血過多だったりと安産でしたとは言い難い妊娠・出産でした(笑)
今はすくすくと育っております。

第一子である息子はあまり肌が強い方ではなく、ポリエステル素材の固い布おむつカバーでは足回りが荒れてしまったり、蒸れて湿疹が出来てしまったりしました。

対して第二子である娘は、肌が強いようです。
新生児期は尿量が多くてウールネルの布おむつカバーでも3時間おきのおむつ替えでは少し湿疹や赤みが出てしまいましたが、生後1ヶ月に近づくにつれてだんだんかぶれなくなり、生後2ヶ月現在特にトラブルはありません。

そんな肌質の違う2人ですがかぶれる時共通しているのは
①長時間おむつがびちゃびちゃの状態
②長時間うんちが付いたまま
③おしり拭きで擦る
この3点です。

①、②は言わずもがなですが
息子も娘もおむつが汚れていても平気なタイプで泣かなかったので
授乳の時におむつ替えをしていたのですが、息子の時は布おむつを触ってもおしっこが出ているのかどうか分かりにくい程の尿量だったのに対し、娘は回数が少ない代わりに1度の量が多く一重の布おむつがびちゃびちゃになりました。
なので、3時間置きで交換しているとあっという間におむつかぶれしてしまうので
気づいた時にチェックするようにしていました。
それでもやっぱりかぶれてしまうので、私が取った方法は ずばり…

“拭かない”

それが③に繋がるお話です。

初めて布おむつ育児をしていた息子の時、どうしてもうんちの刺激で肛門周りが赤くなってしまいました。
義母に布おむつはあまり良くないと言うようなことを頻繁に言われ、かぶれてしまっているのは布おむつのせいなのかと しょんぼりして1週間ほど紙おむつで過ごしました。

紙おむつで過ごしてみて多少改善されたかな?と思ったのですが、ウンチをすればまた赤くなり三歩進んで二歩下がる状態でした。
そんな時新生児訪問に来てくださった助産師さんが
「布おむつだからかぶれているわけではないの。いい方法があるよ!」
と教えてくださったのが
”拭かない” 方法でした。


それはどういうことかと言うと、
おしり拭きでおしりを拭くと肌を擦ってしまうため かぶれてきてしまうので
拭かずに”流す“ そして ”乾かす“ それが大事だと言うことでした。

それ以来、使い捨てのおしり拭きか硬く絞った布のおしり拭きで拭いていたのを
水が滴るほど濡れたままの布のおしり拭きか温かい水で流し、乾いたおしり拭きやティッシュで水気を拭きとり乾かしてからおむつをするようにしました。

水で流すのに重宝したのがこちら↓
100円ショップで手に入ります!
(名称 鶴首スポイトだそうです)

中に温かい水を入れて本体をギュッと押してあげるとお水が出ます。
下におむつを引いたまま うんちが付いているところにザーッとかけて流してあげます。
これだけで汚れは簡単に落ちます。

紙おむつを使っていたり、時間が経ってしまったりすると流すだけでは汚れが落ちないので、私がやっている手法は命名『温パック』。
おしりふきを温めて水分多めの状態で汚れが取れないところにピタッと貼り付けたまま少し待ちます。
1分も待たなくて大丈夫です。
すぐにうんちが柔らかくなって、擦らなくてもきれいに拭き取れるくらいになります!

”拭かない”方法を試してから、おむつかぶれはみるみる改善されていきました。

つい、汚れたままにしてはいけないと思ってきれいに拭いてあげようという気持ちがおむつかぶれを助長していたとは思いませんでした。
公共のおむつ替えスペースでも、お尻が真っ赤になっている子のお母さんほど一生懸命拭いてあげている気がします。

娘の産後入院中、助産師さんのおしりの拭き方を見ると え?そんなもんでいいの? と思うほどサッと拭いていました。
息子の時には全然気づきませんでしたが。


肌質は個人差が大きいので、
息子は流し拭きして 乾かして 油分で保湿と汚れを弾かせるため馬油を塗っておむつをしていましたが
娘は馬油を塗ってしまうと逆に湿疹が出来てしまったので乾かしたら そのままおむつをするのが合っていました。

おむつかぶれの原因は人それぞれ違うと思いますが、もし拭かない方法を試していなければ試してみてください。
紙おむつの方でも出来る方法なのでオススメです!

ちなみに、私の感想ですが
流す>布おしり拭き>使い捨ておしり拭き
使い捨てのおしり拭きを使っていた時が
1番おしりが赤くなりました。

息子は冷たいおしり拭きを嫌がったので、ウォーマーをつかっていたのですが
ウォーマーは上の方のおしり拭きが乾きやすかったので
その事から水分量が1番少ない使い捨ておしり拭きが荒れやすかったのかと思います。

ですが紙おむつの方がおしり拭きだけ布を使うのは手間なので
使い捨ておしり拭きでもお水を追加してあげるだけで大分違うと思います。
厚みは厚手のものの方がいいかも知れません。
紙おむつの方は上記した流すグッズを使うのが便利かと思います!


赤ちゃんのお肌はデリケートで
濡れてふやけたお肌に ちょっとしたおしり拭きの刺激が加わるだけで
みるみる皮がめくれてかぶれてしまうので、「擦らない」を意識するだけで大分変わると思います。
ぜひお試しください♪

布おむつカフェ Purr

- 手作りねことベビーグッズのお店 - Silent miaow 運営の布おむつ育児を応援するサイトです

0コメント

  • 1000 / 1000